スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USB Drive

今回は「USB Drive」を紹介します。

こちらは、iPhoneのディスク容量の一部を利用してPCへ接続した際に
記録できる領域を作成します。
早い話がiPhoneをUSBメモリのように使用することができます。

まずはインストールから。

いつものようにCydiaをタップして起動します。

右下のManageをタップして、以下のレポジトリを登録して下さい。

http://apt.dmytro.me/

完了しましたら、右下のSearchより、「USB Drive(usbでOK)」
で検索します。

USB Drive 検索


見つかりましたらこちらをタップして下さい。
私はインストール済みなので多少異なっておりますが、
右上のInstallをタップしてインストールして下さい。

USB Drive インストール

これでインストール作業は完了です。
ですが、このままではまだ使用できません。
SpringBoard上に「USB Drive」のアイコンが表示されているはずです。
こちらをタップして下さい。

USB Drive 設定

では、項目を簡単に説明していきます。
・USB MODE
 Drive + iTunes
 iTunes及びiPhotoにてマウントされます。更に、Macでドライブがマウントされます。
 但し、こちらについては未確認(インターネットの情報)です。

 Default
 iPhoto及びiTunesで認識されます。
 Mac及びWindowsにて、作成した領域をマウントできません。
 
 Drive Only
 iPhoto及びiTunesにて認識されなくなります。
 Mac及びWindowsにて、作成した領域をマウントできます。

 ・Virtual Disks
 Create Diskをタップすると、以下の設定画面が表示されます。

USB Drive 詳細設定

Name:マウントされた際に表示されるドライブ名です。
Size:Availabe(使用可能領域)内の間で作成したいドライブの容量を指定します。
    この場合は16.3GBまでの間で指定ってことです。
Read Only:読み込み専用にするかを指定します。
        ONにすると、書き込みができなくなります。

また、1つ作成した後、更に必要な場合は、設定画面の右上、Editにて追加可能となっております。

注意点:
1.大容量の領域を作成する際はかなりの時間を要します
  (以前10GBを作成してみたところ、1時間近くかかってしまいました)
2.領域作成中にHomeボタン等を押して作業を中断した場合、
  領域の確保だけはできているのですが、うまく認識されず、
  領域を削除できなくなります。
  戻す為に復元しなければなりません。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

iPhone大好き

Author:iPhone大好き
脱獄済みのiPhone3GSにて実際に使ってみて「これはいい!」と思ったものを紹介していきます(自分のメモ代わりも兼ねてます)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。